豊胸手術徹底解説!

各手法のメリット

何種類もある豊胸手術の手法ですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分にとってどの方法がメリットがあるか、専門医のアドバイスを元に見極める必要があります。どうしても料金の高い安いに目が行きがちですが、自分の大切な身体の問題ですので、効果や安全性にこそ注目すべきでしょう。

人工乳腺法という手法の場合、確実にバストのサイズが2カップ以上上げることができると言われていて、とにかくバストを大きくしたいという方にはメリットがあります。一回の手術で半永久的な効果があるところも大きなメリットでしょう。一方でこの方法だと破損の可能性があるのも事実です。

逆に、よく聞くヒアルロン酸注入方法の場合は破損の心配が少ないのが安心できるポイントです。その代わりサイズアップに限りがあり、術後に時間の経過とともに吸収されてしまい、もともとのバストのサイズに戻ってしまう可能性もあります。

脂肪注入の豊胸手術も注目されている手法です。この方法の場合自分の脂肪を使うので、まずは吸引した部分を部分痩せさせることができます。さらに自分の組織を使うので、異物反応がないという部分もメリットです。ただしこの手法だと、死んでしまった脂肪組織が後々石灰化してしまうという危険性もあります。どの手法を選ぶにしてもメリットとデメリットをよく理解しておきましょう。